業務用エアコン専門家

業務用エアコン専門家による、業務用エアコンでお困りの方の為の、業務用エアコンお助けサイトです。

業務用エアコンの仕組み・技術について

ベンティエール換気扇の特徴

投稿日:2020年11月7日 更新日:

空調や換気を調べるとダイキンのベンティエールという言葉を最近目にする方も増えてきたと思います。ベンティエールとはダイキンの全熱交換器のブランド商品名のことです。

ベンティエールの由来

風通し、通気、通風、換気を現すベンチレーション(ventilation)と応援するエール(ale)を合わせた換気を支援することを由来とした言葉であると想像できる。

2019年までの全熱交換器事情

コロナが広がり出す前の2019年は全熱交換器といえば三菱電機のロスナイという商品でした。全熱交換器全般の通称のことをロスナイと言っていた時代でした。ロスナイという言葉の方が全熱交換器よりも有名でした。

ダイキンは以前からベンティエールという商品を開発していましたが、ロスナイの知名度には到底及ばずくすぶっていました。2020年のコロナが流行ってきた事をきっかけにベンティエールのもう進撃が始まりました。テレビCM、電車の広告、Webの広告を打ち出し、今ではロスナイを上回る勢いで知名度を上げています。世界のダイキンと呼ばれるだけあって、良い広告宣伝のチームを作り上げているのでしょう。

全熱交換器とは

全熱とは何かから説明します。

顕熱と潜熱を合わせたものが全熱です。

続いて顕熱と潜熱といってもよくわからないという方も多いかと思います。

イメージしてもらい安くいうと顕熱とは、温度のことです。潜熱とは湿度のことです。

全熱交換器とは部屋の中の温度、湿度と部屋の外の温度、湿度を交換する機器のことです。

全熱交換器の内部構造

構造がわかる前までは、外から入ってきた空気と室内から外に出る空気が混じってしまわないのかと疑問に思った記憶があります。内部の構造を簡単に説明します。

全熱交換器の内部には熱交換をするためのエレメントが入っています。このエレメントとはダンボールのボール紙をたがい違いに重ね合わせたような構造になっています。たがい違いになったボール紙の隙間を風が抜けて熱交換します。

ベンティエールとロスナイの違い

全熱交換器という点では同じです。三菱電機のロスナイの方が歴史も長くロングセラー製品なので無難な製品かと思います。ダイキンのベンティエールも以前からラインナップはありますが最近脚光を浴び始めています。三菱電機のロスナイを追い抜くべく、より一層会社として力を入れてくると思われます。省エネ製、付加機能、価格など今後期待できるかと思います。

-業務用エアコンの仕組み・技術について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

換気機能付き業務用エアコンはありません!

タイトルの通り業務用エアコン(店舗オフィス用エアコン)には換気機能のついた業務用エアコンのラインナップはどのメーカーを探してもありません。換気扇を別で設置する必要があります。 業務用エアコンのリモコン …

業務用エアコンの室外機だけ交換はできるのか?

業務用エアコンの室外機だけ交換したい場合に室外機だけ交換できるのでしょうか? 業務用エアコンの室外機だけ交換はできる。 業務用エアコンの室外機のみの交換はできますが、おすすめはできません。まず室外機の …

業務用エアコンと猛暑日

業務用エアコンは超猛暑日の40度を超えると動かなくなることがあります。天気予報で言われている気温は特定の場所で測定された気温のため、それ以上に温度が上がっている場所もあります。ビルの屋上に何台も業務用 …

業務用エアコンの結露を解決する方法

何千台も業務用エアコンを取り付けてきて、稀に設置後に業務用エアコンから水が出てくるという連絡を受けたことがあります。水が出てくる原因は複数あります。解決する方法を解説します。 業務用エアコンが結露する …

業務用エアコンの冷媒配管工事について

冷媒配管工事は銅の配管を室内機と室外機の間に設置する工事である。冷媒配管と呼ばれるものは銅管です。加工のしやすさ、腐食のしづらさ、冷媒との相性を考慮して銅管となっている。馬力や機種により太さは異なる …

profile

こんにちは、業務用エアコン専門家です。

業務用エアコンにずっと関わって来ているのでメーカーの情報、業務用エアコン業界の情報、施工業者・メンテナンス業者の情報、ユーザーの情報などのあらゆる情報を熟知しています。業務用エアコンでお困りの方をお助けする為に作ったサイトです。